色見本

必需品である

名刺はアピールポイントの宝庫

印刷

名刺といえば、社会人になってか必需品になる方が多いと思います。自信の所属している場所、位、名前、連絡先など様々な情報が並んでいます。そのため、名刺は社会人の名札だと捉える方も多いと思います。しかし、名刺には名札以上の意味があります。それは、自信や所属している場所を大きくアピール出来る場所なのです。カードサイズの小さな紙に、無限の可能性があるのです。たとえば時間通りに待ち合わせに来る人と、待ち合わせに遅刻してきた人では悪い印象ですが、遅刻してきた人の方が印象に残りやすいです。これは、感情の起伏が関係しています。時間通りでは、良い印象ですがあまり感情的にはなりせん。しかし、時間に遅れてくると怒りや苛立ちにより感情が現れます。人は感情が大きく変化したときの記憶が深く残るのです。そこで相手を怒らせてしまっては問題がありますが、相手を驚かせたり、喜ばせたり得ることで感情に起伏を持たせるようにするのです。名刺は、あなたを忘れさせないための重要なアイテムなのです。

名刺にどのようなことをすればよいのか

名札以上のことを名刺に持たせるのは難しいことだと考えるかもしれません。しかし意外なことで、簡単に名札を超えた物にすることができるのです。まず、名刺に香りを付けるという手があります。これは、アロマオイルやお香により比較的簡単にできるはずです。これにより、名刺ににおいがついているという驚きの感情が働きあなたを忘れにくくなってくれるでしょう。名刺に香りを付けるためのお香も発売されています。偉い人になったときには、名刺に携帯ゲーム機能を付けると言うことも良いと思います。まさかもらった名刺でゲームが出来るだなんて、夢にも思っていない人がほとんどだと思います。それだけで、相手の心をつかめます。これは実際にパズルゲームを搭載した物が、発売に向けて開発が進められています。ここまで面白いアイディアを紹介してきましたが、これらのテクニックを使いこなせるようになったのであれさらに高見を目指しましょう。人によって、工夫を仕方を変えるのです。名刺を名札以上の物にするのは、あなたの努力次第で無限の可能性があるのです。