色見本

活躍する場所

使用する目的とは何か

印刷

名札が活躍する場は、学校や交流会、職場など様々です。そして、場所によってもその役割は多種多様にわたります。とりわけ職場において、名札はどのような役割を果たすのでしょうか。会社の一員であることの証明、従業員同士の確認、お客様へのアピールなどが挙げられます。特にコンビニやレストランなどサービス業である場合、お客様と接する機会が多くあります。より良いサービスをすることで、名前を覚えてもらうことがあります。反対に失敗してしまったときに、名前を記憶されてしまうこともあります。どちらにしても、良いサービスを提供しようという従業員の意識向上に繋がります。自己責任が発生し、企業にとっては大きなメリットとなります。

名刺に付加価値をつける

特にサービス業においては、お客様の目に触れる機会が多い名札だからこそ、工夫を凝らしたものが多く存在します。例えば、会社のロゴや自分の写真を載せたり、広告やキャンペーンのPOPを貼付する企業が見られるようになりました。また「研修中です」「新入社員です」と記載されている名札を見かけることがあります。サービスの提供が少し遅い場合でも、そのような情報あると、サービスを受ける側の心持が違ってきます。また、従業員のレベルによって名札を色分けしている企業もあります。お客様の関心を引き付け、従業員の向上心にも繋がります。ホテルやブライダル業における名札は、より高級感を出すために特別仕様の金属で作成され、制服との一体感を出しています。このように、企業は名札に工夫を凝らすことで付加価値を付けているのです。